マトメージュは機内持ち込み可能? 国内線で液体の制限は? 国際線はジップロックに入れよう!

気になるアイテム

マトメージュは遅れ毛やアホ毛対策にとっても便利なアイテム。
サイズもコンパクトですし、旅行シーズンにぜひ持っていきたいですね。
ですが、マトメージュって海外旅行でも機内持ち込みできるのかな?
今回は、マトメージュが機内持ち込みができるかどうか、国際線と国内線の機内持ち込みルールをまとめます。

スポンサーリンク

マトメージュは機内持ち込みできる?

マトメージュは機内持ち込み可能なのでしょうか?
実際にマトメージュは客室乗務員(CA)にもよく使われているという口コミも聞きますし、実際に機内持ち込みができるのか調べてみました。

マトメージュはヘアワックスで、機内持ち込み荷物の分類上は液体扱いとなります。
機内へ手荷物で液体を持ち込むことは保安上の理由で制限がかかっています。
ちなみに、液体であればどのようなものでも制限があります。

また、ジェル状やスプレー状のもの、ペースト状のものなど容器に入れないと形を保てないものは液体物として規制されます。
例えば、飲み物でもコンタクト保存液でも虫よけスプレーでも歯磨き粉でも液体扱いとなります。
詳しくは国土交通省の量的制限の対象となる液体物のリストをご参照くださいね。

国内線と国際線とで液体物の機内持ち込みの規制は異なりますが、いずれの場合でもマトメージュは持ち込み可能です。

国内線より厳しい国際線の機内持ち込みルールを例に挙げますが、100ml以下の容器に入ったものしか持ち込みができないことになっています。
液体の密度によりますが、ml(ミリリットル)=g(グラム)と読み替えられることとなっています。
マトメージュまとめ髪スティックは13gなので、他の容器に移し替えなくてもそのまま機内持ち込みが可能というわけです。
もちろん、国内線・国際線ともにスーツケースに入れて預けることもできますよ。

次に、国内線、国際線、それぞれの持ち込み方法についてまとめていきますね。

国内線に機内持ち込みできる液体に制限はある?

国内線の機内に液体を持ち込む場合は、パッキング方法などについて特に規制はありません。
ただし、1容器あたり0.5kgまたは0.5l(500ml)以下で、一人あたり2kgまたは2l(リットル)までという総量の制限があります。

13gのマトメージュはそのままの状態で持ち込むことができますが、2kgまたは2lの総量のうち13gということになりますね。
手荷物を預ける場合で液体のものをスーツケースにまとめて入れてしまう場合は全く問題ありません。

ただ、手荷物を預けると出てくるのに時間がかかるんですよね。
そんなに荷物ないし待つのは嫌だから…と、荷物を預けずにコンパクトなスーツケースなどに入れてすべて機内に持ち込む場合は特に注意が必要ですよ。

化粧水、乳液にコンタクト保存液、歯磨き粉に虫よけスプレーに日焼け止め…と、身だしなみに使う液体の荷物って思いのほか多いものです。
荷物が多いと疲れますし、小分けにしたり現地調達するようにしたりして、液体の総量が2kgを超えないように注意してくださいね。

スポンサーリンク

国際線で機内持ち込みするなら液体はジップロックにまとめて入れる!

液体を機内持ち込みする場合は、
・容量1l(リットル)以下
・縦横の辺の合計が40cm以内
・ジッパーの付いた再封可能で透明なプラスチック製の袋(ジップロック状のもの)

に入れることとされています。
なお、液体を機内持ち込みできるジップロックは1人1つまでとなっています。

袋の形は長方形でも正方形でも構わないとされていますが、成田空港のHPを確認すると縦20cm以下×横20cm以下という記載があります。
万一空港で使えないとなっては困るので、縦20cm×横20cmの正方形のものを使用するのが一番多く入れられる形と考えていいのではないでしょうか。

規定サイズでも機内に液体物を持ち込むときはマチ付きの袋が使用できない場合があります。
これは1l以下という容量制限があるためで、例えば規定サイズ最大の20cm×20cmの袋でマチがついていたら、1lを超えてしまうことになりますね。

機内持ち込みの液体をまとめるジップロックでマチ付きのものを使いたい場合は、容量が1l以下になるよう気をつけましょう。
100円ショップなどで『機内持ち込み用』と書かれているジップロックが売られており、そちらは容量が1lを超えないように計算されていますので大丈夫ですよ。
もしジップロックをお持ちではない場合は空港でも売っていることが多いですが、コンビニや100円ショップなどで事前に用意しておく方が安心ですね。

↓こちらは英語表記もあり海外での保安検査でも安心して使えますよ。

 

 

まとめ

マトメージュは機内に持ち込みできるかどうかについてまとめました。

マトメージュは機内持ち込み荷物の分類上は液体にあたり、国際便だと液体の機内持ち込みはジップロックのような透明のファスナー付きの容量1l(リットル)以下の袋に入れて保安検査場を通る必要があります。
国内線の場合はファスナー付き袋などのパッキングのルールはありませんが、液体状のものの持ち込みは2kgまたは2lまでという決まりがあります。

旅先では写真を撮る機会も多いですから、マトメージュの活躍の機会も多くなると思います。
旅行に持って行くときは国際線・国内線ともに液体の機内持ち込みルールを守るようにしてくださいね。

なお、マトメージュについては別の記事もまとめていますので、あわせて参考にしてみてくださいね。

この記事が少しでも参考になれば幸いです。
お読みいただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました